サプリメントTOP  >  ホメオパシーとバッチフラワーレメディー

ホメオパシーとバッチフラワーレメディー

ホメオパシーは、18世紀末〜19世紀にドイツの医師サミュエル・ハーネマンによって確立された療法で、日本語では「類似療法」と訳されています。ホメオパシーの原理は、病気を引き起こす物質と類似した物質を、体に全く害がないレベルまで希釈したものを与えることで免疫機能を刺激し、体の自然治癒力を引き出すというもの。

フラワーレメディーは、ホメオパシーに通じた医師であったイギリスのエドワード・バッチによって体系化された、セルフケアを目的とした「フラワー療法」。38種のフラワーエッセンスのみで誰でも実践でき、非常に安全なのが特徴です。フラワーエッセンスなど元々体に無害なものを原料としている点でホメオパシーとは異なりますが、体の自然治癒力を引き出すことに着目している点で原理は共通しています。
欧米では、薬の力ではなくあくまでも体の自己治癒力で体調を改善することが出来るこれらの理論が見直され、多くの医師が治療にも取り入れています。

ホメオパシー  

アーユルヴェーダ  

バッチフラワーレメディー  

注目の成分

成分で探す ELEMNT

ブランドで探す BRAND