心と体に活力を!「アーユル・ヴェーダ」にも登場するハーブで自信を取り戻す!
サンスクリット語でアーユル=生命、ヴェーダ=科学を表す古代インドの伝承医学「アーユル・ヴェーダ」。

健康の維持や病気の予防、さらには若返り(アンチエイジング)の概念をも含んだ生命全般を医学する考え方です。

このアーユル・ヴェーダにも登場するのが今回紹介する”アシュワガンダ”。

アシュワガンダはインドに自生するナス科の常緑樹で、このアーユル・ヴェーダの時代から強壮薬や若返りの薬として摂取されてきました。

近年になりその効果が最注目されるようになり、更なる研究も進められてきました。
その新しい研究による効果は、

・身体機能を高め体力を増強する
・思考力、集中力、記憶力を高める
・免疫力を高める 
・ストレスに対する抵抗力を高める
・関節炎の症状を軽減する
・イライラを解消し気分を楽にする
・体の治癒力を高める

等ですが、この他にも様々は効用が確認されています。

上記の効果はアシュワガンダに「サポニン」や「アルカロイド」が含まれていて、他のアダプトゲン成分を含むハーブよりも多様な効果が期待できるからのようです。